これは便利!代用できるマタニティウェアベスト5

マタニティ服

妊娠期間中から産後までマタニティウェアを使うけど、マタニティ専用のものじゃないとダメなの?と、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

代用できるのではないかなと思うマタニティウェアを紹介しますので試してみてくださいね。

マタニティウェアを買う必要はある?

マタニティウェアはストレッチ性が良く、低刺激な素材を使っていることが多いです。
妊娠をすると、今までは大丈夫だったものが敏感に反応してしまいアレルギーを起こしてしまったり、ちょっとしたことが受けつけなくなることもあります。

マタニティウェアは妊娠中に日に日に大きくなっていくお腹やバストに負担をかけないようなつくりになっています。
下着やパンツはマタニティ用のものをオススメしますが、そのほかは代用してもいいと思ってるので紹介したいと思います。

代用できるマタニティウェアベスト3

1.スカート・ワンピース

マタニティ用のスカートやワンピースでなくても、スカートやワンピースはいつもよりワンサイズアップして購入すれば代用可能です。

気をつけた方がいいのは、お腹が大きくなるとスカート丈が短くなるので丈が長いものを選ぶのがコツです。また、ウエストはゴムタイプを選びましょう。

2.トップス(シャツ、ロンTなど)

マタニティ用の服は授乳し易くなっていますが、授乳するときは授乳室もしくは授乳ケープ等を使えばいいので、わざわざマタニティ用のシャツを買う必要はないと思います。

普段よりもワンサイズアップしたTシャツなどを選び、お腹周りに余裕のある服を選ぶと着やすいです。出産後も体型カバーしながら着れるので長く使えます。

3.肌着(キャミソールやヒートテックなど)

マタニティ用のキャミソールや肌着が売ってますが、私は買いませんでした。
いつも着ている肌着をサイズアップして着てました。

ユニクロのヒートテックは薄くて暖かいので、冬の妊婦さんにオススメです。
お腹周りが冷えそうなときは、腹巻きをしてました。腹巻きはお腹を締め付けないゆったりしたものを選び、肌着の上から使ってました。

肌着は少し丈が足りず腰やお尻が冷えやすいので腹巻きでカバーしてました。
夏でも腹巻きをするといいです。暑いですがお腹周りは触ると冷えてることがあるので、なるべく温めるようにしてください。

まとめ

私はマタニティウェアでもオシャレな服がたくさんあったので、ついつい買って使いました。
産後冷静に考えてみると意外に普通の服で代用できるし、わざわざマタニティ用の服をすべて揃える必要はないのかなと思います。

ベビー用品などの方が揃えるものが多く金銭的にもかかりました。

マタニティウェアはいろいろ販売されていますが、一般的なものでまかなえるものは代用すると、産後でも普段使いすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です