妊婦だった私が試した!おすすめの暑さ対策3選

暑さ対策

夏に妊婦を迎える方にオススメの対策を紹介します。
実際私が妊娠中に試してた方法です。個人的には、よかったと思っていますので是非試してみてくださいね。

妊娠中の暑さは通常の3倍~5倍!?

妊娠中の妊婦さんは普通の人が暑いと感じるときの3倍~5倍暑いみたいです。
暑さは妊婦さん人それぞれだと思いますが、普通の人よりは暑いのは確かです。

その原因としては、妊婦すると体温が高くなることです。女性ホルモンの関係で基礎体温が高くなり普通の人より0.5℃~2℃くらい高くなるそうです。

真夏に臨月を迎える妊婦さんは、お腹も大きくなり余計に暑さが増すと思います。

暑いからといって冷たいものを食べたり飲んだりすると体の中が冷えてしまうし、体力も落ちます。
夏の妊婦さんが暑さで気をつけなければいけないことは、熱中症・脱水です。
倒れないためにも暑さ対策は欠かせません。

暑さ対策ベスト3

エアコンの効いた部屋にいても熱中症や脱水症状になります。大切なのは体に熱を溜めないこと、水分を取ることです。

1.アイスノン、保冷剤で首の後ろを冷やす

私は毎日やってました。大きめのハンカチやスカーフに保冷剤を包み首に巻いてました。
エアコンの効いた部屋でも使ってました。

保冷剤だと固くて首が痛いので、首用のアイスノンがオススメです。
エアコンはあまり冷たすぎると体を冷やしてしまうので、エアコンは控えめにし、首の後ろを冷やすと体のほてりがなくなります。

首以外にも脇や足の付け根でもと思うかもしれませんが、足の付け根はお腹のすぐ近くですし、下半身を冷やすのはあまり良くないのでやめた方がいいと思います
脇を冷やすのも冷えるまで挟んでいないといけないので、巻いておける首がオススメです。

2.こまめな水分補給、氷を食べる

水分補給は1時間おきにするようにしましょう。
一度にたくさんの水分を取るより、こまめに摂るのがオススメです。飲み物はなるべく常温か温かいものにしましょう。

暑いときは氷を1つ口に入れるとさっぱりします。冷たい飲み物はたくさんは飲めないけど、氷なら1つで口の中が冷えますよ。

3.背中にタオルを挟む

夏場は汗をたくさんかきます。
そのままにしておくと風邪をひいてしまったり、体が冷えてしまい風邪を引きかねないです。

妊婦だと着替えるのも一苦労なので背中にタオルを挟んでタオルで汗を吸い取ってもらうようにしてました。
汗をかいたら背中に挟んであるタオルを変えれば済みます。着替える必要もないし、洗濯も増えずに済むのでオススメです。

まとめ

即効性があるのは、アイスノンで首の後ろ冷やすことです。
それと、口の中に氷を1ついれることです。

体を急激に冷やすと暑さも和らぎます。
暑い夏を乗り切るのは大変ですが、頑張って乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です