乳児湿疹は保湿が大切?赤ちゃんの湿疹が改善された方法

乳児湿疹

乳児湿疹が出てきてしまったときは小児科受診すると思います。
皮膚のことだから皮膚科に受診するでもいいと思いますが、生まれて間もない赤ちゃんはまずは小児科に行くことをオススメします。

乳児湿疹の種類によってケア方法が変わる?!

乳児湿疹にもいくつかの種類があります。
生まれてから3ヶ月頃にできる乳児湿疹は脂っぽいブツブツした湿疹ができやすいです。

生後3ヶ月ころが皮膚の皮脂分泌が盛んになり、毛穴が詰まって湿疹ができやすくなります。
昔の人は、体の中の毒素が湿疹になって出てるんだよと言ってました。

早く治すには清潔にしていることが大切です。分泌量が増える時期なので、こまめに洗顔をして清潔を保つようにしましょう。
あまりにも赤くグジュグジュしているときは小児科もしくは皮膚科を受診してくださいね。

生後3ヶ月を過ぎると肌の乾燥によりカサカサした湿疹ができやすくなります。
脂っぽい湿疹と違い、痒みもでてきます。痒みがあるとどうしても掻きむしってしまうので、悪化しやすくなります。

乾燥による湿疹は洗顔をして清潔にしたあと、たっぷりと保湿をしてあげることが大切です。

乳児湿疹は遅くても生後6ヶ月頃には治まります。中には全然良くならなかったり、湿疹ができたり治ったりを繰り返す人もいるかもしれません。
もしかしたらアトピー性皮膚炎の可能性もあるので小児科や皮膚科を受診してみてもらうと安心です。

乳児湿疹は正しいケアが必要!保湿必須!

乳児湿疹のケア方法は清潔と保湿です。

湿疹ができてるところは、優しく洗います。ベビー石鹸など使って洗う場合もよく洗い流すようにしてくださいね。
綺麗いに洗ったら、保湿をします。
クリームを塗り、肌の乾燥を防ぎます。

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも弱く水分も逃げやすく乾燥肌になりやすいです。
日頃から保湿クリームを塗って、乾燥を防ぐと湿疹ができにくくなります。

病院に行くと、湿疹の症状によって薬を出してくれます。
ステロイドを使うか使わないか悩むかもしれませんが、酷く痒そうにしているときはステロイドを使い炎症を抑えてあげるといいと思います。
長期でステロイドを使用すると肌にダメージを受けますが、正しい量、塗り方をすれば何も怖くありません。

保湿クリームも病院で出してくれますが、赤ちゃんによっては肌に合わない場合もあります。
私の娘は保湿クリームのヒルロイドが合わなくて、塗るたびに真っ赤にかぶれてしまいました。
それぞれの肌によって合う合わないがあるので、使うときは慎重に様子を見ながら使うといいと思います。

病院でもらった薬が合わなかったので市販のローションクリームを購入してみました。

病院に再度受診して他の種類のクリームに変えることも可能でしたが、病院で貰う薬は医薬品なわけで肌には強すぎると感じました。

ドラッグストアのベビーコーナーで売っている、アトピタを購入しました。
普通のローションクリームです。アトピー性皮膚炎の人でも使えるクリームなので肌に低刺激でアレルギー成分のないものです。

クリームの伸びもよく、塗ってからは肌がしっとりします。ベタつかず、サッパリしたつけ心地です。
私の娘はこのアトピタローションを使い始めて3日目にはぶつぶつしていたのが綺麗に治りました。

まとめ

乳児湿疹ができるとびっくりしてしまうと思います。
でも、正しい薬の塗り方や量を教わり、こまめに保湿することで治りははやくなります。

病院で貰う薬は赤ちゃんにとっては肌に刺激になってしまう場合もあります。
市販のアトピタローションクリームなら低刺激で保湿力もあるのでオススメです。

湿疹のできる範囲が体の方まで広がっている場合は、病院に受診して、診てもらってくださいね。

湿疹が酷くなってしまっているならステロイドの薬を貰って早めに治してあげましょう。
ステロイドを使うのは良くないという人もいますが、赤ちゃんが痒くて掻いて血が出てしまう前に治してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です