警告出血は超危険!前置胎盤は命にも関わるハイリスク妊婦!!

妊娠出血

前置胎盤と診断されて、不安な毎日を過ごしている人はいませんか?私は毎日不安と恐怖でした。

前置胎盤は甘くみてはいけません!無症状で大量出血が起きます。前兆は全くありません。大量出血が起きてしまうと、本当に血の海になります。そして、多量出血で赤ちゃんとママの命が大変危険な状況になります。

少しでもそのリスクを減らすために気をつけてほしいこと、私が経験した全前置胎盤について紹介したいと思います。

前置胎盤とは

胎盤が正常より低い位置にでき、胎盤が子宮口にかぶっていたり、覆っていることを前置胎盤といいます。前置胎盤での出産の確率は約0.3~0.6%といわれています。また、前置胎盤のうち5~10%の人は、胎盤が癒着してしまいはがれなくなる前置癒着胎盤となる可能性があります。

胎盤は、お母さんと赤ちゃんをつなぐ大切な臓器です。血液・酸素・栄養が豊富な組織です。

前置胎盤は、通常子宮口から真逆の方に作られていきますが、胎盤が赤ちゃんより子宮口に近いところにできてしまうため、ほぼ100%の人が帝王切開で分娩となります。
前置胎盤では止血しにくいため、お母さんと赤ちゃんにとって危険性の高いハイリスク妊娠になります。

前置胎盤になる原因は、まだよくわからないみたいです。
でも、流産手術などにより子宮の内膜が傷ついたり、子宮内膜に炎症などが起きると、前置胎盤が起こりやすくなると考えられています。

高齢妊娠や喫煙者、多産婦、多胎、帝王切開の既往、流産手術や人工妊娠中絶術既往、その他子宮手術の既往などが原因とされています。
不妊治療や帝王切開分娩の増加などで、前置胎盤の頻度も増加しているみたいです。

帝王切開の頻度が増えると癒着胎盤になる確率が高くなると言われています。
前置胎盤は無症状です。

腹痛を伴わない突然の性器出血(警告出血)、大量性器出血が起こった場合は、産婦人科に緊急受診してください。
このような症状はお腹が大きくなり張りやすくなる妊娠28週以降に起こりやすいといわれています。

前置胎盤の診断には経腟超音波検査でわかります。

妊娠の早い周期に前置胎盤と診断されても、妊娠が進むにつれて子宮が大きくなり徐々に胎盤が上にあがる人が多く、最終的に前置胎盤でなくなる人が多いです。妊娠中期までは前置胎盤の疑いとして診断され、妊娠31週末までに確定診断されます。

前置胎盤と確定した場合、胎盤の位置によって前置胎盤の種類が分けられます。

  1. 重度の前置胎盤は全前置胎盤といわれ、胎盤が子宮口を完全に覆ってしまっていることをいいます。子宮口から2センチ以上胎盤が覆っています。
  2. 部分前置胎盤は子宮口の一部を胎盤が覆っている場合のことをいいます。子宮口から2センチ未満子宮口に胎盤が覆っています。
  3. 辺緑前置胎盤は子宮口に辺緑に胎盤が覆っていることをいいます。子宮口からほぼ0センチ胎盤が覆っています。
  4. 低位胎盤は、子宮口から2センチ未満のところに胎盤があることをいいます。

前置胎盤はどの胎盤の位置でもハイリスクになりますが、その中でも全前置胎盤はかなりのハイリスクになります。
前置胎盤で癒着胎盤を疑われる場合は、MRIで精密検査を行います。

前置胎盤は妊娠28週以降に出血が増え、早産になる確率が高いです。
前置胎盤と診断された場合は無痛出血をすることがあるため、安静にして無理な運動や性交渉は控えてください。通常の家事も極力やらずに安静にしてください。妊娠中に出血をした場合はその時点で管理入院となります。このようなことを病院でも言われると思います。

警告出血は危険!!わたしの経験談

私は妊娠22w頃に全前置胎盤の疑いがあると言われました。
妊娠周期が進むにつれて、胎盤の位置が上がるかもしれないといわれていたので気にしていませんでした。

28w頃に助産師外来で助産師さんからこの胎盤の位置は90%動かないと言われ、前置胎盤の怖さやリスクの高さについても詳しく教えてもらいました。

前兆症状がなく、痛みもないので自分では本当に前置胎盤なのか?と信じられなかったです。

そして、29wに警告出血が起きてしまいました。私は出血してることすら気づきませんでした。
本当に無症状なんだと思いました。
痛みは全くありません。

真っ赤な血がベッドに付いていてびっくりしたのは今でもはっきり覚えてます。
病院に連絡して急いで向かい、検査と処置をしてもらいました。

エコーで赤ちゃんの状態を確認し、出血部の確認、お腹の張り止めの点滴が24時間ずっと始まりました。

赤ちゃんは無事でひとまず安心しました。

歩くことも禁止されたので、時間外の救急室から病棟までは車椅子での移動になりました。

大便以外はベッド上安静、尿は管を入れて自動排泄。座っていることすらダメでした。
ここから管理入院になり、毎日点滴とお腹になるべく力が入らない様に横になって寝ている生活が約2ヶ月始まりました。

入院生活の続きは、また次回のブログで紹介します。

まとめ

前置胎盤の疑いが少しでもあると言われたら、絶対に無理をしないで安静にすることを徹底してください。

前置胎盤は自覚症状もなく、無症状なのでリスクが高いのに甘く見られがちです。
症状がないので安静にしてるのは難しいと思いますが前置胎盤はハイリスクであるため、大袈裟なくらい安静にしててくたさいね!

生産期になるまでは1日でも長くお腹の中で赤ちゃんを成長させてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です